KeePer技研購入と、アルトナーの不穏な板

今週のトレードですが、非常に難しい相場になっています。ブログの記事にできるような取引がなかなかできませんが、今日はKeePer技研を買いました。
この銘柄は長期投資もしていて決算なども細かくチェックしてきました。値動きをかなり予測できると感じていて事実ほぼ負けることなく利益を稼ぎ続けています。今月頭も10月の月次で利益を出しています。
前日は1Q決算でしたが、今回は決算跨ぎをしないことを決めてNISAで保有している分以外は全て売却して決算を迎えています。予測通り今日は一時下げ幅400円を超える暴落でした。

keeper技研チャート

今日のKeePer技研のチャートです

なぜ今日下落することが分かったのかですが、1Q決算の内容は7~9月の月次からほぼ内容は予想できます。今期はトヨタ効果を見込み後半に向けて大きく成績を伸ばす見込みです。新規に提携したトヨタへの出荷が2Qからとなる関係で大きく伸びるのは2Q以降で、会社予想もそれを前提に建てられています。増収増益でほぼ計画通りで400円も下落するような悪い決算ではないんですが、売られるのは進捗率が悪く見えてしまうことが一番だと思います。分かりやすく言えば「インパクトが無い」ということです。
下がるとわかっていれば待ち構えて買えばよいということで出来高が落ち着いた10時ぐらいに購入しました。不安定な値動きをする銘柄ですが、しばらく保有すれば元値は無理でもそこそこ戻ると思っています。

保有株のアルトナーに不穏な動きがあります

ここ数日885円に5万株を超える売り注文が出されています。1日に1万株以下の出来高しかない銘柄としては、これはちょっと異常値です。
アルトナーはプライム市場基準に流通株式時価総額が不足で不適合となっています。そのため上場維持基準を満たすために「上場維持基準の適合に向けた計画書」を2121年12月までに開示することを公表しています。つまり株価を上げるための方策を発表しますと言っているわけです。
どんな内容になるのか、自社株買い、増配、M&Aいろいろ手はあるわけですが、意外とクオカードの株主優待新設あたりがありそうな気もしています。即効性がありますからね。

で、5万株を超える売り注文を出した方の目的は計画書開示による株価の上昇を見越した株の買い集めが目的ではないかと思っています。

アルトナーの板

不穏なアルトナーの板

出来高の少ない銘柄ですから買い注文をまとめて入れると株価が高騰してしまいます。株価が騰がらないように大きな売り注文を出して株価を押さえつけて、時間をかけて少しずつ集めていくという方法です。見せ板と言われているやつですね。
こんな時は「何やってんだ!」と腹を立てるよりは意図を読んで、便乗してポチポチと見せ板さんと一緒に安値で買い集めるのも一つの策だと思います。

見せ板なのか僕の予想で当たっているかどうかは確かめようはありません。もしかしたら本当に5万株売りたい方の可能性も無くはないです。