誰も指摘しない積立NISAの大きなデメリット、入金額が小さい人以外は一般NISAを選ぶべき

投資初心者におすすめなのは一般的に積立NISAということになっているようですが、積立NISAには年間40万円しか投資できないという大きな欠点があります。
入金力が小さい人向けの制度であって、入金力がある人が選ぶ理由は無いと思います。入金力の大小は投資経験とは関係ありません。
初心者であっても入金力があれば一般NISAを選ぶべきではないかと思います。
積立NISAで積立しながら、特定口座でもファンドを積立している人もいるようですが、一般NISAへ移行するべきじゃないかと感じます。

投資を始めると必ず気づく、種銭の大きさは偉大

初心者のうちは積立NISAの非課税運用枠800万円は一般NISAの600万円より有利と思いがちですが、初めてみればすぐに気が付きます。運用額の大きさはリターンの大きさに直結します。
積立NISAの年間40万円は小さすぎて800万円投資するのに20年もかかってしまいます。それが弱点です。
40万円と120万円ではリターンに3倍の差があります。

インデックス投資でリターン5%の想定で比較します。
一般NISAを年120万円積立運用すると5年後は680万円になります。

120万円を5年積立シュミレーション

120万円積立は5年で680万円

年間40万円の積立シュミレーション

40万円の積立シュミレーション。積立NISAは一般NISAに勝てません

積立NISAでは5年後は227万円です。積立NISAが680万円を超えるのは12年目以降です。
一般NISAをロールオーバーでそのまま運用を続けると10年後は868万円、20年後は1,414万円になります。
積立NISAでは10年後は518万円、20年後は1,370万円です。

積立NISAは元本を200万円多く入金しているのに一般NISAに勝てません。
運用収益も一般NISAは814万円に対して積立NISAは570万円と非課税のメリットをより多く受けられるのは一般NISAです。

一般NISAは新NISAに移行した2029年以降のことが決まっていません。制度が終了する可能性も無いわけではありませんので20年も運用できないではないかと言われそうですが、延長される可能性もあると思います。
仮に終了となったとして、2029年以降に全額特定口座へ移管されたとして計算すると税金のかかる収益部分は627万円ほどになりました。税率30%で計算すると税引き後1,226万円。損益率+104%になりました。積立NISAの損益率は+71%ですから、2028年で終了したとしても一般NISAが有利であることは変わりません。
(計算が面倒なので2029年以降は全額特定口座へ移管したとして計算しましたが、実際は5年間の運用期間が過ぎた年ごとに終了していきます。2028年分は2032年まで運用できますのでここまで税金は引かれません)

新NISAの1階部分は積立NISAにロールオーバーできることは決まっていますので、2029年目以降もロールオーバーできるものは積立NISAで非課税で運用を続けるというスタンスで良いと思います。20年を超えて運用を続ける場合でも一般NISAのほうが有利なことは変わらないと思います。スタート時期によっては長期に運用することで積立NISAが有利になるケースがあることがわかりました。

入金力がある人はできるだけ早く一般NISAに600万円を投資して、その後は特定口座を利用するというのが最大限非課税枠を利用する戦略になると思います。積立NISAは年間40万円以上の投資が出来ない方のための制度だと思います。