(8591)オリックス 事業内容は個人投資家にとって難解だが、株主還元は個人に超優しい!

オリックスから株主優待で申し込んだふるさと優待の品が届きました。
注文したのはサンクゼールのオールフルーツ・スプレッドセットです。早速朝食で食べてみましたが、期待通りの美味しさでした。

サンクゼールのオールフルーツ・スプレッドセット
オリックスのふるさと優待は100点以上の商品から好きなものを選ぶことができるカタログギフトです。家族で商品選びが盛り上がり楽しいですね。カタログギフトの株主優待としてはKDDIと双璧、甲乙付けがたい魅力的な内容です。ふるさと優待の他に株主カードも送られてきます。オリックスが提供するサービス、レンタカーやホテル、水族館などを割引価格で利用できます。株主優待投資では必ず持っておきたい銘柄になると思います。

新型コロナ暴落時に購入

取得単価はは1,279円でした。リースが創業の企業であり、航空機リースなど業績悪化を懸念していました。購入時、自分なりに業績分析と会社発表のIRを丹念に読み購入に至りました。オリックスは手掛ける事業が多く海外展開もしていますので、個人投資家にとって企業分析はかなり手強い企業です。
購入時に迷った原因は、コロナ前年の2019年に売上高が減少してしまっている事でした。コロナの影響により更なる業績悪化を心配していました。

オリックス業績

オリックス業績推移

最終的には事業が分散していることから持ちこたえられるのではと考えて購入にいたりました。生命保険や金融などで業績を支えることができそうだと思いました。
早い段階で配当性向を50%に引き上げるなど会社の対応に安心感もありました。良いタイミングで購入できて良かったです。

オリックス配当推移

オリックス配当推移

配当利回りも6.1%の超高利回りとなりました。今後は業績を回復させて配当を維持していただきたいですね。できれば増収増益を期待しています。