3度目の緊急事態宣言で株下落?含み益減少で辛いけど心の準備はしておきます

緊急事態宣言が発出されそうです。日経平均株価もここ数日軟調に推移しています。
僕の投資資産は昨年ほどではありませんが、今年もじわじわと含み益が拡大してきましたが、今週の相場で大きく下落してしまいました。まだ昨年末より高値で踏ん張ってはいますが、今は耐え時ですね。
どこまで下がるのか、日銀の買いはあるのかを気にしつつ今後に向けて心の準備をしておきます。

昨年の夏以降の株価高騰で積立とポイント投資以外の買いはストップしています。暴落に備えた現金が温存してありますので、2~3段階で買いの行動を準備します。
日経平均株価が昨年末の2万7444円より下げたら、まずは弱~く買います

変異ウイルスの感染爆発やオリンピック中止が現実となればかなりのダメージとなるはずです。
大底は夏頃になる想定でズルズル下落してもはやる心を抑えて、限られた資金の大部分は最低でも夏までは温存します。
買い増しのタイミングは下落中に考えていきたいと思いますが、2万円を割るような大暴落となれば昨年のように思い切って買います
昨年はJリートや個別株を中心に買いました。今回は日経平均株価や世界株式のインデックスファンド中心に買い増しします。

僕は株は買い時を意識してタイミングを見て投資しています。
下落にそなえて追加投資できる資金は常に準備しておくべきだと考えています。めいっぱい投資してしまうと下落時に選択肢が少なくなります。
現在温存している資金も豊富にあるわけではないですが、使い切ってしまわないことも気にしつつ備えておこうと思います。