(6952)カシオ計算機 時計はプチだが、株価はプチではなかった

新しい腕時計を買いました!

今回購入したのはクォーツ時計、5,840円です。
ところで昔の事ですが、僕が初めて購入した高級腕時計はオメガのスピードマスターオートマチックでした。
その時は地元の高級時計屋さんへも行きましたが、未就学児の子どもを連れていたのでそれを理由に「出ていきなさい。」と叱られました。時計を買うどころではありません。
オメガはイオンで買いました。

オメガ スピードマスター

そしてこれをきっかけに機械式時計にはまりました。そして何時の間にか腕時計の数が増えました。よくあるパターンです。

ゼンマイ時計は時間が狂う

複数の時計をローテーションで使うようになると毎朝時間合わせが日課になりました。デスクワークで気が付かないうちに時計が止まっていたこともあります。
機械時計は時間が狂います。クロノメーターは機械時計としては精度が高いのですが、それでも10日で数十秒、1ヶ月では分単位で狂います。腕時計を10本ぐらい持っているのですが、次第に機械時計は休日使用に、平日はチプカシがメイン時計となりました。

そしてチプカシの素晴らしさに気付く

ダサくて安っぽいと思っていたチプカシですが、丈夫で正確。電池も長持ち。そしてなんだかオシャレだしカッコよくも見えてきます。
そして最も重要なことに気づきました。見た目が庶民100%の僕には高級腕時計が似合いません。
アパレルのレナウンが倒産しましたが、今後ますます、中流家庭が減り庶民の背伸び消費、贅沢消費は減っていくことでしょう。僕のような勘違いは減り堅実な若者が増えていくと思います。
カシオはチプカシの種類やバリエーション展開にも力を入れているように思います。
富裕層向けのロレックスなどは別かもしれないけど、腕時計全体の売れ筋の中心はカシオの価格帯に移っていく気がします。

カシオの株価チェックです

カシオの主力はG-SHOCKです。累計1億個が普及している他に類のない、唯一無二の存在です。G-SHOCKの好調に支えられて業績も順調のようです。
セイコー、シチズンと主要3社の株価比較を見てもその差は明らか。

カシオ、セイコー、シチズン比較チャート

Yahoo!ファイナンス引用 3社の1年比較チャート

・カシオ計算機
・セイコーホールディングス
・シチズン時計

3社とも3月に大きく株価を落としました。カシオは4~6月の第1四半期決算こそ赤字転落していましたが、11月10日に業績予想を上方修正して株価を戻してきています。やはり強い。
好きな時計関係に投資をするならカシオ計算機一択ですね。
現在株価は1,972円で、PER73.58倍となっています。
業績の良かった2019年3月期の1株利益約90円で計算してもPER21.91倍となります。株価はプチではありません。

今は積極的に買うタイミングではありませんが、もしチャンスがあれば購入を検討してみたい銘柄です。