銘柄分析(8848)レオパレス21 倒産危機に救世主現る??

レオパレス21 1年チャート

レオパレス21 1年チャート YAHOO!ファイナンス引用

事業再生中のレオパレス21です。サブリース、違法建築問題などで倒産危機を迎えています。

2017年4月に損切りしています

過去に所有していました。ホテル事業があり株主優待で優待券がもらえました。「レオパレスリゾートグアム」が人気でしたね。配当金も良かったです。
売却理由はアパートオーナーからの集団訴訟が起きたことです。8,500円の損切りになりました。その後も問題は後を絶たず、2019年に「ガイアの夜明け」の放送で窮地に陥りました。
資産売却、人員削減と生き残りに必死ですが、施工不良のアパート改修も進まず、資金は枯渇して状況はまさに八方ふさがりになっていました。

もうダメかと思っていたところに現れたのは救世主?救済条件がエグイ

絶体絶命と思われていたところに現れたのは「フォートレス・インベストメント・グループ」です。ソフトバンク傘下の外資系運用会社です。ビレッジハウスを運営しています。ホテル系リート「インヴィンシブル投資法人」のスポンサーにもなっています。企業の身売りで名前の出てくることがある企業です。
救済内容は
第三者割当増資で84,507,000株、これで筆頭株主となります。さらに新株予約権159,748,700株です。そしてさらに300億円の貸付となっていました。
株式の発行価格は142円!300億円の貸付金利は14.5%です!
レオパレス21側はこの条件を受け入れる以外に倒産回避の策は無かったのでしょう。
新たに発行される株式と新株予約権を行使すると、フォートレスはレオパレス21を完全支配下に置くことも可能となります。

何かある、そう思わせるIRが続いていた

レオパレス21は第1四半期決算発表を2度遅らせていました。その理由は「決算業務に従事する従業員が想定以上に退職したこと」などとなっていました。何かわからんけど、何かやっている。そう感じていました。
安く買いたいフォートレスは時間をかけて株価の下落を待つ、対するレオパレス21は債務超過の決算を公表しては株価が暴落するので適当な理由をつけて決算を2度延期。株価をめぐるできる限りの抵抗。そんなところかな?

どんな形であれ会社の存続が必要

過去に保有していたこともあり、事業内容の概要は頭にありました。管理運営するアパート数が多すぎることが問題です。
8割近くの方はまだ住み続けています。住んでいる方やアパートオーナーにとってレオパレス21の倒産は最も最悪のケースです。国も倒産するほど強硬には出れないでしょう。たとえ企業として利益は望めなくても存続させる必要があると思います。
アパートの運営維持に最低限必要な人員はそれほど多くはないはず。思い切ったリストラが進めばキャッシュフローが安定しているので事業再生は可能のはずです。そう思いつつ経緯を見ていました。

漁夫の利おこぼれ作戦発動!

フォートレスは実権支配しつつ収益源としていくのか、それとも高値売却を狙っているのか?
僕のレベルでは全く想像はつかないけれど、間違いなく勝算があっての今回の資金投入でしょう。フォートレスなら再生ノウハウを持っていると思わせる実績は持っています。その手腕に期待して今回は「漁夫の利おこぼれ作戦」を狙ってみることにしました・・・
できれば彼らと同じ142円で買いたいところだけれど、当面それは無理そうなので190円で指値を入れてみたら約定しました。怖いので100株です。
おすすめできる投資ではない気がします。少なくとも数年は利益は見込めないと思います。
株主として見届けたいと思っています。怖い物見たさかも?真似はしないでくださいね。

大事な教訓「悪行は1回で終わらない」

レオパレス21に限らず、過去の例からも不正や違法行為のあった企業の不祥事は連鎖すると思ったほうが良いです。
保有する会社でおかしいと思ったらすぐに株を売るなり、株主として経営陣を総会で「否認」するなりの対応をとるべき。
不正を重ねる企業は、経営陣がまるごと入れ替わるぐらいしなければ体質は変わりません。
フォートレスが経営権を支配することになれば、歓迎すべきことだと考えています。

その後…

2020年の年末に唯一の含み損の銘柄でしたので一旦売却して損出ししました。その後すぐに買い戻しました。買い戻した株価は121円でした。
年度末の3月も通過して、6月に株主総会の招集通知が届きました。株主として見届けたいという気持ちがありましたが、議決を行使したことで気が済んだような気がしました。
その後140円ぐらいで売却しています。
会社は存続し株を持ち続けたとして、一般の個人投資家に利益が分配されるようになるまでにはかなりの時間がかかるはずです。施工不備問題の改修負担に多額の借入金、あまりに大きすぎます。今回は破綻の危機にある会社について学ぶ事があった気がします。株を売却したことで気持ちに区切りが付きました。
他に保有する銘柄が順調に成長を続けていることもあり、レオパレス21については興味を失ったというところもあります。