自営業者にとってもインデックス投資は最強の投資法だと思う理由

手堅い投資としてインデックスファンドを利用しての分散投資がやはり王道だと思います。インデックス投資の有効性は僕が改めて説明するまでもなく、ネットでも検索すれば優れたサイトがたくさんみつかります。自営業だって利用しなければもったいないです。

株式指数(インデックス)をメインにした投資が合理的

世界の株式市場では沢山の会社の株が上場されています。銘柄数が膨大にあり自ら選び投資するのはかなり難しい作業ですが、指数(インデックス)と呼ばれる銘柄が選定されています。
日本株であれば日経平均やトピックスなど、ニュースでもよく耳にしていると思います。日経平均は東証一部の代表的銘柄225社が選定されています。アメリカ株であればダウやS&P500が有力指数です。
投資先は株の他にも債権や不動産などもあります。
投資を始めるにあたっては投資対象の割合を設定して積み立てを行っていきます。メインは日本や先進国の株式指数にして債券などを組み合わせます。基本は決めた割合での毎月積立投資になります。
選択すべき投資信託は買い付け手数料や運営手数料の安い投資信託を選ぶことが大切です。

崩れたバランスを元に戻すリバランス

積み立て投資をスタートしたら1年に1~2回、最初に決めた投資割合からずれた分が元にもどるようにリバランスを行います。積み立て金額で調整したり、売買を行います。
投資を始めた頃はリバランスの効果がいまいちわからなかったのですが、ある程度経験を積んだ後に目からウロコが落ちるようにその効果を実感しました。株が大きく上がった時は利益確定売りとなり、その分債券などを買うことになります。下がった時は逆に値下がりした株を買う行為になります。
株を安い時に買い高値で売却という行動になりますので、上がったり下がったりを繰り返す株価に合わせてリバランスを続けていると結果的に資産が少しづつ増えていきました。
インデックス投資は機械的にやっていくだけで結果的に失敗しない投資行動をとることができます。
株の売買は難しいものです。買った株が下がった時にどうするべきか、上がったとしても利益確定のタイミングに悩みます。インデックス投資は上がっても下がってもやることは同じリバランスです。シンプルで迷わない。投資成績も良くなります。
株価をこまめにチェックすることも不要ですので、本業との両立ということでも向いている投資手法です。

毎月の積立は無理なく続けられる金額に

積立額の大小よりも長期間継続することのほうが重要です。1万円の少額でも10年、20年と続けていくことができれば大きな資産に育つ可能性が高いです。
自営業の収入は毎月一定ではありません。毎月の積立は無理せずに続けられる金額にしましょう。僕もスタート時は月1万円の積み立てでした。今でも1万5000円の設定です。
積み立て額が小さくても長期間継続できればそれなりの金額に育っていきます。
あせらずに、本業を頑張りつつ無理なく長期間継続できる投資手法として、インデックス投資は最も優れていると実感しています。