ANAホリテイインリゾート宮崎「常夏プール」を贅沢日帰り利用、夏も冬も快適

子どもはプール好きですよね!でも、ここ数年の猛暑など屋外プールは安心して子どもを遊ばせる環境ではなくなってきました。我が家では数年前から、ANAホリデイインリゾート宮崎の「常夏プール」を日帰り利用するようになりました。

常夏プール

 

メリットは全天候、快適、混雑しない

室内温水プールは空調もきいているので天気や気温の影響を受けません。夏の暑さや日焼けも、冬の寒さも、雨が降っても大丈夫。そして意外と穴場?なのか混雑しません。近隣の他のプールと比較しても快適に利用できる環境だと思っています。夏休み期間中の旅行シーズンなどは宿泊客の利用も多くりがちですが、気になるほど混雑することはまれな気がします。

設備が充実しています

20メートル3コース、幼児用の浅いプール、ジャグジーあり。設備が充実しているのがホテルのプールの魅力です。一番うれしいのは広いプールサイドにチェアやテーブルがたくさん配置されていること。ホテルのプールならではですが、本当にありがたい。子どもは一定の時間でプールから上げ、椅子にすわらせて休憩と水分をとらせます。親も子どもが遊んでいる様子を監視しつつ、チェアやジャグジーでくつろぐことができます。浮き輪やフロートなどの遊具も持ち込みできますし、空気入れも設置されています。
館内にはコインランドリーもあります。使用後の水着やタオルを洗濯乾燥して帰れます。

営業期間も営業時間も長い

以前は通年で営業していましたが、現在は季節営業となりました。営業は夏期と冬期です。夏期営業は7月14日〜9月末の期間でした。2019年の冬期は2019年12月28日(土)~2020年2月29日(土)です。営業時間も10:00〜21:00とたっぷりあります。プール料金を支払いするとその日は何度でも出入りが自由にできますので、途中食事をしたり他の遊びをはさみながら1日楽しめます。疲れたら館内にソファーなど休むところはたくさんあります。
2019年の9月~10月の1ヶ月間は夜間限定でナイトプールをやっていました。(ナイトプールは子ども入場不可でした)

ホテルだから食事も安心。まるまる1日遊べます

ホテルですから食事に困ることはありません。ホテルの食事は高いというイメージもあるかもしれませんが、ここのホテルではカレー、チキン南蛮、麺類などが1,000円ぐらいからあります。後述していますが10%offのクーポン券も公式サイトから入手できます。
レジャー施設のように食事のために並ぶとか、おいしくない、店内がガヤガヤして不快ということもなく快適です。
青島は観光地ですから、ホテルから徒歩の距離に飲食店も多数あります。ホテル前は広大な芝生広場になっていますので、気候さえ良ければそこでお弁当を食べるのもとても気持ちが良いです。

ホテル前の芝生広場

 

ホテル前の広い芝生広場。イベントをやっていることもあります。

日向雫 お子様ランチ

こちらはホテル内の日本料理レストラン「日向雫」のお子様ランチ。(ランチタイム1,000円ぐらいです)ホテル内レストランの「日向雫」と中華の「龍王」は個室があります。

レストランの窓から美しいい海を眺めながらの食事は素晴らしいですよ。

ホテル周辺の観光地が充実している

ホテルに隣接したレジャー施設の「こどものくに」があります。ちょっと散歩で足を伸ばすと青島ビーチパークがあります。青島亜熱帯植物園、青島神社もありますね。

青島亜熱帯植物園

青島亜熱帯植物園

青島神社

青島神社

青島周辺は近年観光施設が充実してきました。漁師の牡蠣小屋も人気です。
ホテルのアクティビティも充実していて、キャンドル作りやエコバッグ作りボルタリングなどプールの合間に子どもと楽しむのにちょうど良いプログラムもあります。ホテル周辺でまる1日あきずに遊べます。

クーポン使うと温泉、飲食が割引になります

ホテル内レストランや温泉はホテル公式サイトにクーポン割引券があります。忘れずに利用したいですね。
レストラン10%off
温泉大人570円(通常1,080円)子人320円(通常540円)
フィットネスジム(利用は高校生以上)570円(通常1,080円)

プールの料金は 大人1,000円 小人518円です。ホテルにしては料金が安いと思います。宮崎のホテルだとシーガイアにも屋内プールがありますがもっと高いです。それにシーガイア周辺はフローランテ

ANAホリデイ・インリゾート宮崎 公式サイト

リゾートホテルをお得に満喫するには日帰り利用がベスト

旅行でリゾートホテルに宿泊してアクティビティをしっかり楽しむにはチェックイン、チェックアウトの時間が決まっているので1泊では足りません。少なくとも2泊は必要です。ホテルで遊ぶ効率がもっとも良いのは近場リゾートホテルの日帰り利用なのです。

貸し切り状態になった経験も

1〜2月の宮崎はキャンプシーズンとなり野球やサッカーなどのチームがやってきます。ANAホリデイイン宮崎も某プロ野球チームの宿泊ホテルとなっています。この期間球団関係や報道、ファンなどでホテルもあわただしくなるのですが、逆に選手がグラウンドに出ている時間帯はホテルがガラガラになります。その時間にプールを利用したことがあるのですが、利用客は我が家のみの貸し切り状態でした。

というわけで、ANAホリティイン宮崎のプールの日帰り利用はプールも食事もアクティビティもリゾートホテルならではの快適さ。1日遊んで夕食や温泉にも入ってくると帰って寝るだけ。とっても快適ですよ!