One Harmony 日本を代表するホテル会員プログラムを使いこなす!【オークラ、ニッコー、JALシティ】

新型コロナの流行により旅行を自粛しています。1年間ホテルを利用できない間に会員プログラムが変更になったところがあります。
このページは古い情報ですのでお気をつけください。(ページの削除も検討しています)

オークラホテルズ、ニッコーホテルズ、JALシティのホテルグループ会員プログラム「One Harmony」。国内にホテルが多く、特典やサービス内容と価格のバランスが良く比較的よく利用することから会員となりました。

他のホテルプログラムにはあまり無い独特な制度もあり概要が分かりづらい会員プログラムだと思います。よく理解して利用するとお得でメリットも豊富で魅力的な会員プログラムだと思います。

目次

 

One Harmony会員の概要

入会金、年会費無料の会員プログラムで、ホテル宿泊やレストラン利用でポイントがたまります。ポイントは宿泊やレストランなどに交換することができます。
獲得ポイントは宿泊利用時は1,000円につき20ポイント、レストラン・バー利用時は1,000円につき10ポイントが基本です。
ポイントは獲得した翌年の1月1日から25ヶ月後の1月末が有効期限です。最短で2年1ヶ月、最長だと3年1ヶ月の有効期間です。
他の多くのホテル会員プログラムは毎年利用している限りポイントは失効しませんが、One Harmonyは注意が必要です。

基本特典は新聞無料サービス、クイックチェックインです。
獲得したポイントや宿泊数により会員ランクがアップします。ロイヤル会員レイトチェックアウト、最上級のエクスクルーシィブ会員にはさらに客室アップグレードが基本特典にプラスされます。

特典の種類が多い、ホテルごとに内容がばらばら、記載内容も分かりづらい

One Harmony公式会員サイトに会員特典の内容がまとめられています。

One Harmony公式サイト

会員特典の記載は以下になります。

・レストラン優待特典
・ボーナスマイル特典
・バースデー特典
・婚礼特典
・提携ホテルの特典
・ホテルオリジナル特典
・プレミアムセレクション

各ホテルごとにかなり内容の違うホテルオリジナル特典指定ホテルの選択が必要なプレミアムセレクションがややこしいです。

会員サイトと各ホテルサイトの両方に特典記載がありその内容に食い違いがある!

例えば、ホテルJALシティ宮崎では、
ホテルサイトにはレイトチェックアウトはロイヤル会員は13:00、エクスクルーシィブ会員は15:00となっていますが、One Harmony公式サイトではレイトチェックアウトはプレミアムセレクションを登録したお客様となっています。(2019年12月の情報です)疑問があればホテルに問い合わせが必要です。

分かりづらいプレミアムセレクション

提携するホテルの中から一つを選び登録するとでそのホテルのプレミアムセレクション特典を享受できます。登録先は1年に1回だけ変更することができます。
大分の「ホテル大分日航オアシスタワー」の特典内容は、
宿泊 駐車場代半額。チェックイン時にかぼすドリンクかドリップコーヒー1杯サービス
レストラン ドリンクサービス
というものでした。駐車場とチェックインドリンクのサービスはチェックイン時に案内されました。レストランでのドリンクサービスはレストランでオーダー時にプレミアムセレクション特典を利用することをスタッフに伝えなくてはなりません。パウチャーはありませんでした。

折鶴

日本料理の「折鶴」にて生ビールをサービスしていただきましたが、プレミアムセレクション特典だと季節の日本酒のみくらべセットがいただけたことを後から気が付きました。

その後登録を「ホテル JAL CITY宮崎」に変更しました。JALシティ宮崎のプレミアムセレクションは、
宿泊特典 ・One Harmonyポイント1.5倍(日・限定)・レイトチェックアウト13:00まで。
レストラン特典 ・ワンドリンクサービス
となっています。ワンドリンクサービスは宿泊関係無くレストランのみでも利用できることを知らずに何度も食事をしていました。

優待があることをうっかり忘れていることも多いです。しっかりチェックしましょう。

運営は今どきめずらしいアナログ対応

会員になるとメンバーズカードが送られてきます。年度途中でもプレミアムセレクション登録を変更すると新しいカードが郵送されてきます。精算時に割引やポイントの加算処理のための会員情報は手書きでメモというアナログな対応です。このあたりはおそらく今後改善されてくるものと思います。2020年の1月からはスマホを利用した「会員デジタルカード」がスタートするようです。デジタル会員カードがスタートしましたので早速Apple Walletに登録しました。
デジタルパウチャーも導入となるそうなので使い勝手の改善を期待しています。

One Harmonyホテルの魅力は

なんといっても一番の魅力は食事が美味しいことだと思います。トリップアドバイザーの「朝食のおいしいホテルランキング2019」ではTOP20に、One Harmony系列ホテルが7つランクインしています。One Harmony会員は5%~10%の割引料金でレストランを利用できます

 

ホテルオークラ新潟の朝食。新潟では美味しくて、感動レベルの朝食をいたきました。

ホテルオークラ新潟の朝食

ホテルオークラ福岡ではオークラブルワリーにて本格的なチーズフォンデユをいただきました!ここのホテルでは館内にビール醸造所がありクラフトビール「博多ドラフト」が楽しめます。

オークラ博多のチーズフォンデュ

オークラ福岡の地ビール

地元のホテルJALシティ宮崎のレストラン「ベルナール」は何度も利用しています。

JALシティ宮崎いちごバイキング Very!Berry!vegetable!~苺のスイーツ&ライトミールバイキング

 

One Harmonyの会員ステータス

会員ステータスは3種類あり獲得したポイント数やホテル宿泊実績に応じて利用するほどランクアップしていきます。会員カードの色も会員ランクによって変わります。

メンバー(平会員です)
ロイヤル 5,000ポイント以上または10泊以上
エクスクルーシィブ 15,000ポイント以上または30泊以上

判定は1月~12月までの1年間、ステータスアップの条件を満たすとその翌月末までにランクアップします。ランクアップするとボーナスポイントがプラスされるようになります(ロイヤル会員で+25%エクスクルーシィブ会員で+50%)
ランクアップすると宿泊クーポンも送られてきます。クーポンの内容はアップグレードクーポンと、スイート/デラックスルームの半額宿泊クーポンです。

ロイヤル クーポン

その他、基本特典や各ホテルのオリジナル特典も会員ランクに応じて特典内容が充実していきます。

上級ステータスの取得と維持が容易

JALマイルを移行したポイントでもステータス判定の対象となります。1万マイルは6,000ポイントでの移行(レートアップキャンペーン中)です。ロイヤルステータスは1万マイル。エクスクルーシィブステータスは3万マイルで取得できます。宿泊実績ゼロでも、JALマイルを使えば翌月には上級会員ステータスを得ることができます。

余剰宿泊数・ポイントの繰越し特典
ロイヤル、エクスクルーシィブのステータス達成を超えて獲得した宿泊数やポイントは翌年のステータス判定に繰り越されます。ステータスの維持が楽になります。

高級ホテルの会員プログラムの中では、上級ステータスの獲得と維持が易しいプログラムです。

上級ステータスのメリット

上級会員特典で一番うれしいのは客室のアップグレードではないかと思います。最上級会員のエクスクルーシィブ会員には基本特典にアップグレードが加わりますが、ロイヤル会員にもクーポン(年間5枚)によるアップグレード特典が用意されている点はOne Harmonyプログラムの美点だと思います。僕はロイヤル会員ですがクーポンを使わなくてもかなりの確率でアップグレードを受けています。アップグレードについては積極的なホテルグループという印象です。
上級会員になるとホテルオリジナル特典でアーリチェックインできるホテルが多いです。また、「日航関西空港」や「日航成田」のフロントには上級会員が利用できる優先チェックインカウンターがあります。混雑することがあるホテルでは非常にありがたいです。ボトルウォーターやウエルカムドリンクサービスも上級会員のみというホテルもあります。ホテルによって優待内容にかなり違いがあるのですが、総じて上級会員のメリットは大きいと感じています。

2020年1月からロイヤル・エクスクルーシィブ会員限定の会員優待料金がスタートするそうです。詳しい内容が気になります。

嬉しいワンドリンクサービス

個人的にワンドリンクサービスは非常に楽しみにしています。

日航関西_ワンドリンクサービス

日航関西空港ではワンドリンクサービスでスパークリングワインをいただきました。日航関西空港のワンドリンクサービスはメンバー会員(平会員)から利用できます。
日航成田でもメンバー会員から。日航奈良はロイヤル会員から、ホテルオークラ新潟ではエクスクルーシィブ会員のみでした。(残念)

JALシティ宮崎_ドリンク

JALシティ宮崎ではプレミアムセレクション登録でメンバーランク関係無くワンドリンクサービスを利用できます。日航大分もプレミアムセレクションになります。

ポイント宿泊(ステイアワード)の申し込みは電話がおすすめ

ポイントは商品や食事でも利用できますが、やっぱり宿泊利用(ステイアワード)で利用したいですよね。ステイアワードの申し込みは予約センターに直接電話がおすすめです。なぜなら公式サイトからの申し込みも実際の作業は人が行っているようなのです。
ステイアワードには一部ホテルを除き12月30日~1月3日の年末年始に除外日が設定されているのですが、それ以外にも各ホテルごとに除外日の設定がされているところがあります。その情報はサイトでは確認できません。予約がとれない場合は後日メールでの連絡となります。電話であれば希望の日が予約不可であっても予約可能な日をその場で教えてもらえますので早くて確実なのです。
また、新年度の予約が可能になるのも電話申込のほうが早くなります。電話予約は12月下旬に予約可となりました。公式サイトからの申し込みは仕事などで予約センターへ電話がかけられない場合の手段と考えておいたほうが良いと思います。

注意点があります。ステイアワードの予約はキャンセルするとポイントは返ってきません。ちょっと厳しいルールのような気がします。お気をつけください。


分かりやすくまとめようとしたのですが、分かりにくい記事になってしまいました。今後も加筆します。